ダイエットを阻む揚げ物、ファーストフード…

\90秒で注文完了/ゼニカルの購入はこちら
ダイエットに成功した女性本格的に暑い季節がやってきますが、薄着の準備はいかがでしょう?

薄着になって自分を直視した時にも「大丈夫」だと自分で思えるような体でいたいものです。

夏に向けて、ダイエットを始める人が増えている時期かもしれません。

いろんなダイエット方法が考案され続けていますが、王道ともいえるダイエットの方法は『食事制限』と『運動を続ける』ことです。

ダイエット、それはありとあらゆる誘惑に打ち勝てた人だけが生き残る戦い。

でも、もし好きなものを食べても太らない方法があったら、取り組みたくなりますよね。

果たしてそんな方法が存在するのかというと、実は存在するんです。

それもピザやラーメン、揚げ物、ハンバーガーなどの脂っこい食べ物によく効く方法です。

これは『ゼニカル』というダイエット薬によって実現されます。

ゼニカルとは何?どうして太らなくなるの?

こんな疑問を解決するためにも、さっそくゼニカルの効果について知っていきましょう。

なぜゼニカルでダイエットできるのか?

考える女性ゼニカルはRoche社より製造・開発されているダイエット治療薬です。

ジェネリック医薬品なども開発されていて、世界から安全を保証される治療薬となっています。

ゼニカルに配合される有効成分はオルリスタットです。

オルリスタットは体内の消化酵素に作用する成分で、食事制限をせずともダイエットに大きな効果を与えます。

ゼニカルの効果とは

食事をすると、体内に取り込まれた脂肪分が消化酵素によって分解され、体の脂肪の一部になるため吸収されていきます。

これを繰り返すことが肥満につながります。

ダイエット方法の多くは、この肥満化を食い止めるために

・体内に取り込まれるエネルギーを、運動して消費する

・食事制限で、体内に取り込まれるエネルギーを減らす

これらを目標に構成されているものがほとんどです。

そんな中でゼニカルは、消化酵素の役割に着目しました。

ゼニカルの有効成分オルリスタットは、リパーゼという消化酵素の活動を抑える効能を持っています。

リパーゼが脂肪の分解活動を減らすと、取り込まれた脂肪分は体に吸収されず、油としてそのまま体外に排出されるようになります。

これがゼニカルの効果です。

オルリスタットは糖分や炭水化物には作用しないので、吸収を抑えられるのは脂肪分に限られます。

しかし、吸収される脂肪分の約30%をカットする効能を持っています

運動をしていなくても、食事内容の約30%が体に残されないように作用するのです。

特に脂っこいものが好きでよく食べるという人には、大きな効果を発揮するでしょう。

自然に食事制限させてくれるゼニカルの使用と同時に、適度な運動を組み込むことでさらに順調なダイエットを行えます。

 

通販で買う前に知っておきたいゼニカルの飲み方

薬を飲む女性1回1錠を食後1時間以内に、水か白湯で服用します。

1日の服用上限量は3錠までです。

服用量を増やしても効果に変わりはないので、上限量を越えたり1回の食事で1錠以上を服用しないようにしてください。

食後から1時間以上経過するともう脂肪分解に作用できないので、その分の服用は飛ばしましょう。

服用後の48時間以内に効果が表れます。

またオルリスタットは3~5日で体外に排出されるので、体に成分が残る心配はありません。

ゼニカル使用の際に注意すること

ゼニカルの使用で多くの人を悩ませるのが、油とトイレに関する点です。

油は便などといっしょに排出されていきます。

油が出るのはゼニカルに効き目のある証拠ですが、この油の排出はなかなか自分の意志で調節ができません。

排出量や排出されるペースは、ほとんどゼニカル次第といっていいかもしれません。

油はトイレの他にも、放屁した時や不意に力んだ瞬間に出てくる恐れがあります。

さらにこの油には独特の強い匂いがあり、場合によっては下着や服まで汚してしまいます。

ゼニカルを服用した次の日、特に脂っこいものを多く食べた日は定期的にトイレに行くように心がけてください

なかなかトイレに行けない日や運動をする日の前日は、ゼニカルの服用を控えたほうがいいでしょう。

 

またゼニカルは主に脂質や脂っこいものにのみ効果を発揮しますが、脂溶性のビタミンにも作用して体外に排出させることがあります

この作用でビタミン不足を引き起こし、ドライアイや肌荒れ、生理不順、貧血などの症状を引き起こします。

対策として、ゼニカル服用後に2時間以上の間隔を空けてからビタミンサプリメントを服用すると、ビタミン不足の症状を抑えられます

ゼニカルには飲み合わせの悪い薬がある?

ゼニカルの併用禁忌薬として、経口抗凝血剤や抗てんかん薬などが規定されています。

これらを服用中の人は、ゼニカルを服用しないよう注意してください。

また妊娠中もしくは授乳中の人、肝臓や腎臓に疾患がある人、高齢者に該当する人も使用を避けてください

この他、服用前に不安な点があれば医師の確認をとりましょう。

ゼニカルを飲んだらあらわれる可能性がある副作用

ゼニカルの副作用として、軟便や腸の張り、ビタミン不足などの症状が挙げられます。

これらは軽症に含まれる症状なので、ゼニカルの服用を休むか成分が排出されると次第に治まります

症状がなかなか治まらない、また悪化が見られた場合は医師の診察を受けてください。

ゼニカル使用者の口コミ

Sさんの場合

ほとんど寝そべった状態でコンビニの揚げ物を食べるのが大好きです。

ダイエットとか絶対ムリ!と思いながら通販サイトや美容ページを漁っている時に、ゼニカルを見かけました。

脂っこいものばかり食べてる私にはぴったりかもしれないと思って、一度試しに買ってみました。

コンビニのご飯を食べてからゼニカルを飲むと、次の日に出てくる油のえげつないこと!

飲み続けてもう一ヶ月経ったぐらいですが、1番太っていた頃の体重から4kg落ちました…すごい…

 

Yさんの場合

お昼ご飯に中華料理店とジャンクフードの店舗ばかり選んでいたら、けっこうハイペースで肉がついていきました。

運動を勧められても長続きしないし、ダイエットの計画を立てようとする時点でいつもくじけます。

意志が弱いので食事制限が成功したことはありません…

だからゼニカルも、買ってみたのはいいがどうせすぐ辞めてしまうだろうと思いました。

でも、この効果は予想外でした。僕は脂っこいものを特に食べている方なので、ゼニカルを飲むとかなり多めの油が出てきます。

初めは便器を見てオエッと思ったのが本音ですが、慣れてくると逆に体内の油を出すのが癖になりました。

こんなものを体に溜めこんでいるという事実にショックを受けますが、おかげで2ヶ月で7kg痩せました。

ゼニカルの購入は通販から

通販を使っている女性ゼニカルを使ってみたいと考えている人が、ゼニカルを購入するにはどうすればいいか?その方法について紹介します。

ゼニカルは病院で取り扱われているので、病院に行ってゼニカルを処方してもらうのが一番安全な方法でしょう。

しかしゼニカルはあくまで医薬品なので、誰にでも処方してもらえるわけではありません

病院で肥満を認められ、医薬品での対処が必要だと判断された人に処方されるものです。

また、ゼニカルは1錠が500円前後という価格で販売されていることが多いです。

1日に3錠服用すると仮定して、一週間分を購入すると10,500円という決して安くない価格です。

そのぶん安全性が高く、何かトラブルが発生すればすぐに病院で対応してもらえます。

一方でゼニカルを手に入れるにはもう1つ、個人輸入を利用するという方法があります。

個人輸入とは、海外から目当ての商品を注文して取り寄せるという、通販に似た購入方法です。

聞き慣れない人には少し不安に感じるかもしれませんが、個人輸入は合法として認められている行為なのです。

普通の通販との違いは、購入先が海外であるという点でしょう。

そのため、個人輸入では普通の通販とは少し違う規則が定められています。

個人輸入を利用する前提として

『商品は個人使用を目的に購入する』

『商品は自己責任のもとで使用する』

という条件が挙げられます。

そしてこの条件に従って、次のような規則があります。

・購入したものを第三者に分け与えない

・第三者の代行で購入しない

・購入したものを転売しない

これらの規則はどんな個人輸入でも通用するので、利用する時には注意しましょう。

個人輸入を使うメリットとは

v規則を違反しないように利用すれば、個人輸入で得するポイントは意外といくつもあります。

まず、病院に行く手間が省けるという点です。

個人輸入はネット環境さえあれば、気付いた時にいつでもどこでも注文できます。

注文手続きをすませた後は商品を待っていれば家まで届けられるので、余計な時間をかける必要がありません。

休みの合間をぬって病院に行くのがしんどかったり、交通の事情で通院しにくいという人にはぴったりの方法ではないでしょうか?

個人輸入で取り寄せる場合、家に届くまで約2週間ほどかかると認識しておくといいでしょう。

まとめ買いしておくといざという時にも困らないので、賢い手段のひとつです。

中身がわかりにくい包装で送られてくるので「医薬品を使っていることを知られたくない」、「周囲に隠して治療したい」といった要望にも応えられます。

自宅に届けられるのに抵抗がある場合は、最寄りの郵便局に自分で受け取りに行けるよう注文手続きをしておくと安心です。

さらに、個人輸入を使うと低価格で買い物ができます。

病院では1錠500円前後で販売されるゼニカルが、個人輸入では1錠200円以下で取り扱われていたりします。

病院で処方してもらうための初診料や診察料も必要ないので、個人輸入を利用したほうがお得になることが多いのです。

また、ゼニカルにはジェネリック医薬品があります。

ジェネリックとは、新薬と同じ成分で作られて同じ効能を持つ医薬品のことです。

今回でいえば、新薬はゼニカルを意味します。

ジェネリック医薬品は新薬と同じ構造ですが、開発にかかったコストが少ないので新薬より低価格で販売されます。

ゼニカルのジェネリック医薬品を探せば、ゼニカルよりも安く買い物を済ませられるのです。

また個人輸入では、国内で取扱われていないジェネリック医薬品もいくつか販売されています。

普段使っている医薬品や気になっていた医薬品のジェネリックも、個人輸入で見つかるかもしれません。

このように、個人輸入を上手に利用すればたくさん得しながら買い物できます。

もちろん個人輸入にはメリットだけではなく、デメリットもあります

特に大きなデメリットが、言語の違いと悪質サイトです。

個人輸入を自分でやろうと思ったら、海外通販サイトを使う必要が出てきます。

もちろんほとんどが外国語の表示なので、外国語に不慣れな人はここで手続きを懸念してしまいがちです。

そして海外の通販サイトの中には、偽物の商品を扱っているサイトがいくつもあるようです。

届いた商品が全く効かなかったり体に害が出たとしても、個人輸入は自己責任の行為とされているため他者に責任を問うことができません

海外の通販に不慣れな人は、これらのデメリットに注意しておかないといけません。

そこで、デメリットを回避しながら個人輸入を進められる個人輸入代行サイトをオススメします。

さらにわかりやすく!個人輸入代行サイトを使う

ゼニカルの画像個人輸入代行サイトは、個人輸入の利用をサポートするサービス機関です。

いろんな海外の医薬品を取り扱っていますが、ひとつひとつに日本語で説明書きがされています。

そのため商品を選ぶことや購入手続きが簡単になり、購入の手順の中で外国語を使うことはほとんどありません。

商品が届くまでの対応やトラブル対処も、個人輸入代行サイトが請け負ってくれます。

さらに、商品の品質を検査してくれる代行サイトもあるので、悪質なものを買わずに海外の商品を手に入れられます。

個人輸入代行サイトでは、いつも使っている国内通販のような感覚で、個人輸入を気軽に利用できるようになります

外国語に自信がない人、もっと簡単に個人輸入したいという人にはぜひ利用してほしいサイトです。

 

ダイエットするなら無茶をせず、できるだけ長く続けられそうなダイエット方法に取り組みたいものです。

食事制限無しで痩せたい人、効率よくダイエットを進めたい人にはゼニカルがぴったりかもしれません。

通販でお得に始められるゼニカルダイエット、この夏に挑戦してみませんか?

ゼニカルの購入はこちら

タイトルとURLをコピーしました